2009年 09月 12日 ( 1 )

緑のあいつ

他人を、現実を、そしてなにかを憎み続けるということは、一体いつまでできるのでしょうか。
他人のことはわかりません、自分のこともよくわかりません。
憎むというのは決して悪いことだとは思いません。
ただ頑なになにかを憎み続けるということは僕自身や、僕の愛する人を逆に傷つけてしまうだけではないのか、それはもしかしたら悲しいことのなのかもしれない。
そう、ふと今日猫と遊びながら思ったのです・・・。

本日の和解対象:緑のにくいやつ「緑のたぬき」さん
d0011742_261379.jpg


忘れもしない、20年前のある日の昼時。
父親が食べていた緑のたぬきさんのにおいをかいでからなぜか気分がわるくなり、
それから一切カップ麺(カップラーメン)やインスタントラーメンを食べたことがなかったのです。
それがやっと20歳になったころに一部のカップラーメンが食べられるようになり、今年になってからカップ焼きそばも食べられるようになりました。
すごくないですか?泣けますよね。
そしてやっと20年越しの対決になったのです

結果は、結果はー!
汁が濃くておいしかったです。香りもわるくありません。麺もこしがないけど食べやすかったです・・・。
わ、和解たっせいー!!
こんにちは緑、ありがとうたぬき。末永くよろしくねマルちゃん。

いい話ですよね。和解の対象がカップそば。
20年前に具合悪くなったときに、パッケージの写真を見ると天ぷらそばなのに、なぜにたぬきという名前なのかと不満をもったものですが、おいしかったです。

・・・いや、そのニート、暇だから、書くことこれくらいしかないんですよねー。
20年かー・・・・。ええ、20年!?
20年カップそば食べたことなかったってひくわー。

明日はどこか遠くへ行ってきます。
[PR]
by swansong_day | 2009-09-12 02:05