2009年 08月 18日 ( 1 )

いつかいつか

もう今月で会社をやめるのだけど、寂しくなってまいりました。
割と皆様いいひとたちばかりで。

今日は5時半に退勤できたので、
帰り道、なぜか歩きたくなって神楽坂から、池袋まで行ってみようと思いたちました。

途中、めじろ台を経由して歩くと椿山荘や、美術館・永青文庫、新江戸川公園があります。
ここらへんは緑豊かで、不思議な通りがいくつかあります。そして猫がたくさんいます。

永青文庫は、住宅街の小さな美術館という感じがします。その横手に長い階段があり、
半分上りきったところで休憩しようと止まると、せみの声がすごいです。辺りは夏の声しかしないんです。

夕方の坂ばかりの道は都会なのにほとんど人に会わず進めました。軽くはな歌を歌いながら歩きましたが、気になりませんでした。

結局道を間違え池袋まではいけず、高田馬場にたどり着きました。自分の性格どおりに適当に長く歩きましたが、高田馬場駅につきました。

でも、なにを考えて歩いたとしても、どこかにはたどり着くのです。
ところで思うのですが、昔のことばかり考えていても、どこを見渡しても記憶の中から逃れらないとしても、いつかどこかにはついてしまうのです。
すがれるものには、どこまでもすがればいいと思う。
僕はそれでもいいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・上の文章はなにか意味あると思いますか?ちょっと感傷的になっていると思いますか?だれかにあてているメッセージ風に見えますか?
意味はまったくありません。だってラーメン食べながら書いてるし・・・。暇なんですよね・・・。
昔のことも、未来のこともそんなに考える必要なんてないよねー、あ、外で猫が鳴いてる。よし、今いくぞっ!!

d0011742_22573729.jpg

[PR]
by swansong_day | 2009-08-18 00:01