2007年 11月 18日 ( 1 )

見せかけ

今日、舞台を見てきたのだけど、役者とお客さんの仕切りとして
ハードカバーの本が一直線に並べられていた。
一つ一つ手にとって本に挨拶したかったのだけど流石にやめておきました。
そこではたと気づいたのですが、多分、私は読書が好きなのではなく「本」というものが好きなのです。あの何百枚の紙でできた形と、匂いが好きなんです。
それを言うと、旅行は、旅行が好きなのではなく、旅行に行ったという事実が好きなだけです。
あと、写真が好きなのではなくカメラ機という形が好きなのです。。
映画の中身も大切だけど、それよりも映画を見ているという行為が大切なのです。
僕が好きなのはすべて形なのです。中身や、結果はそう重要ではないのです。いええ、中身にはほとんど敬意さえ払っていません。
そう思って愕然としました。なにか一つでも心から好きで楽しめるものがあるのだろうか?
いや、なにか大切といえるものがこの世のにあるだろうか?



・・・・・・・・・・自分とか大切だな・・・。あった。
なーんだ。
自分 loves me very much.
おー、やべ、危うく存在意義失うところだった!大切なのは我が我がですよね。
がつがつと生きたいと思ちょります!私の愛は私を救う2007です!
あと、丸々とした犬や猫なんかも心から好きです!好物です!
なーんだ、全然大丈夫だなぁ。よかった。

まあ、あれですよ、いつもそうする必要なんかないですけど、
なにもなくても演じればいいだけの話ですよ、いつか本当になるかもしれないしね。

d0011742_1494013.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-11-18 01:47