霞ヶ関

久しぶりに、霞ヶ関を歩いてきました。
昔派遣のバイトの集合場所に使っていたところに偶然辿り着き懐かしかったです。
ひたすら椅子や机の搬入をしていました。
前職ねずみ講のお兄さんから話を聞きながらお昼を食べた食堂もありました。
「しばらくしてからねずみ講の会社だって気付いて先週やめたんだ・・・。やっぱりまじめに生きなきゃね・・・」
って言っていた彼元気かな・・・。
内心、ねずみ講の会社だって気付くの遅いよ、とか思いましたけど。
土曜の霞ヶ関は人のいない、無言の建物ばかりが聳え立つ不思議な街でした。

夜は落語を見てきたのですが、大学時代の先生が会場にいらっしゃっていて
噺家さんがお話中に、その先生が何気なく「おほんっ」と咳払いするのを聞いて、
自動的に敬礼しそうになりました。
「はっ、すいませんっ!!!」となぜだか背筋がピンッと伸びてしまいました。
卒業して結構立っているのに・・・。うーん。
[PR]
by swansong_day | 2006-08-06 01:35


<< セミの声を聴きながら なにもない >>