さそり、実食

さそり!
ダチョウ!
かえる!
カンガルー!
自分の純心!

今日食べてきたメニューの一覧でございます。
前にも書きましたが、恵比寿の「村さ来」にはげてものメニューが枝豆やまぐろ刺しに隠れてあるのです。
マイミクであり、大学ゼミメイトのT居さんと行って参りました。
喜び勇んで乗り込んで襲撃して参りました。
村さ来さんは近隣のえびすおしゃれスポットには負けず昔ながらの古き、よき、はっきりいってぼろい感じの地下の居酒屋でした。

が、席に案内され、メニューを見てもさそり載っていません。

「あのさそりないんですか?」俺

「・・・ありますっ」店員さん(目が一瞬光った)

写真のとおりかえるさん、さそりはわりと原形に近い形なんですね~。
店員さんが、サソリやかえる頼むために、「やりますね~」、「お、いっちゃいますかー?」、「それ滋養があります」とつっこんくるのがおもしろかったです。

さそりさん、カリカリしていて塩味でなかなかおいしかったです。
T居さん談「あ、おせんべいみたい・・・」

かえるさん、とのさまカエルさんの形そのままで、肉の部分少なし。きいていたより鳥の味っぽくなかった。
T居さん談「値段980円・・・?」

カンガルーさん、一番馴染み深い味でした。
T居さん談「豚味・・・?」

だちょうさん(刺身)、なんともいえない形容しがたい匂いで、不思議な味でした
T居さん談「獣だ!獣くさい味がする!なれるとおいしいと思う!」

他にすずめやタニシに挑戦しようとしましたが、品切れでした。

あと面白かったが、店員さんが注文したものを即座に一品ずつ、厨房に大声でとおすので

「あの、さそりと・・・」俺

「はい、さそり一丁!」「はい、さそりー」

「あと、このカンガルーの・・・」俺

「はい、続いてカンガルーぅぅ!!」「はい、かんがるー、ありがとうございますっ」

と店員同士で叫ぶので、ゲテモノばかり頼む僕ら少し恥ずかしかったです。
一応体面作りとして、「チョレギサラダ」だけまともなものを頼みました。

結果、一番さそりがおいしかった。街でみかけたらつかまえて素揚げにして塩で食べたいと思う。

d0011742_22113379.jpg

ぼけているのはわざとです!!リアルはちょっと・・・
[PR]
by swansong_day | 2009-09-30 00:51


<< はぁー No Meat NoLife >>