<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

なにか見つけたのか

ありがとうございます。
いい言葉。文句がつけられない言葉。たまにこの世の中にはそんな気持ちと、言葉が確かに存在する。
ありがとう。
それは、言わないよりは、言ったほうがいいよ。

d0011742_0275692.jpg

[PR]
by swansong_day | 2010-07-31 00:29

窓の外から

最近、夜更かしをしておりまして
早朝寝るとういう生活をしております。

今朝も、5時くらいに黙って外を血走った目で見ていたら
晴れていた空が、突然ぱっと色が真っ黒になり
バラッバラッと結構強い雨が降ってきました。

へー、雨だぁ、と思ってぼんやりと、養豚業について考えていたえら
窓を開けていたからなのか声が聞こえてきました。
うちのマンションの隣家なのか上下の部屋なのか

「田んぼにお帰り」

って女性の声がはっきり聞こえたのです。早朝に。

思わず、

「ハイッ」

と答えてしまいました・・・。

あの、それだけだよ・・・。

d0011742_1254764.jpg

[PR]
by swansong_day | 2010-07-30 01:25

ああ

それで。
d0011742_1535888.jpg

[PR]
by swansong_day | 2010-07-26 01:54

うちの犬は窓際族

時々、実家に電話して、愛する犬と猫の様子を聞きます。
習慣です。ささやかな幸せです。

しかし、僕の最後の希望の愛犬・ロンさんは最近
去年から飼いだした猫のシマ子さんに人気を奪われ気味。
僕も実家に帰ったときに、新参者が大きな顔するなよ!!先輩犬に気を使え!と説教しようとしておりましたが、
猫と会ったら「あら、かわいい・・・」と実家滞在中かなり優遇してしまいました。

電話で聞いた犬猫の様子↓

「あのー、ロンは・・・」俺
「あ、げんきげんき、散歩も行ってるし」母
(5秒程)

「あの、シマ子は・・・」俺
「もうすごく寂しがりやで、お母さんとお父さんが帰ってきたら、すぐにっよってくるし・・・そうそう、昼間は、常に外を見続けて・・・あ、教えてもいないのにそんなことを・・・テーブルの上においてある魚を勝手に食べないし・・・外にでるのをこわがって・・・暑いからかわいそうで・・・あんたの部屋をシマ子's寝室として使っているから・・・あと・・・」
(15分ほど)

・・・お母さん、様子聞いただけで差別がわかるよ・・・。
僕の犬が、一言ですませられた・・・。

d0011742_115782.jpg

窓際だワン・・・
[PR]
by swansong_day | 2010-07-24 01:02

それで

はっきりいって最近悪いことばかりだ。ついていない。ついていないどころか、最悪だ。
そういう時期なんでしょう。
だからといって、まあ、そんなに気になるでもなく、なんとなくすごしています。
時々、池に行って、石を投げて、「ちぇ、なんだよー」とやっています。
でも、ありがたいことに、悪いことがあっても、その都度歩いているとなにかおもしろいことがあって救われています。

今日は銀行の窓口に払い込みに行ったら、
僕の下の名前を見た行員のお姉さんが、「あ、素敵な名前ですねー」と仰ってくれました。

うれしくて、
「え、あ、ありがとうございます」と、すごい頭下げちゃいました。
危ない、出会って5秒でプロポーズしちゃうところでした。おお。
そういう小さなhappyってすごく大切ですよね。

僕自分をすごく大したことない人間だと確信しているのですが(うそです)、
自分の名前だけは結構好きで、
昔、自分の母子手帳見たときに自分の名前に斜線がはいっていたんです。あせりました。下のような感じです。

例: 林 太郎

太郎ってだれだ!?なぜ斜線!?あれか!生き別れた双子の兄弟がいるのか!?おかあさーん!!!

・・・まあ、答えは単に直前に名前を変えたそうです。
でも、亡くなった姉の名前を僕につけたそうです。
なんだかそれがうれしくてうれしくて、今も名前をほめられるとうれしいのです。
もしけなしたら、そうですね、ころ・・・し・・・、ます♪

いい話ですよねぇ。あ、いい話と思ってもらいたくて書いているんですから、そこらへんよろしくお願いします。
(例の林 太郎改め健さんはあくまでも例です)

d0011742_1172277.jpg

[PR]
by swansong_day | 2010-07-23 01:17

松屋での一幕

昨日の夜、牛丼ショップ「松屋」でご飯を食べました。
たまにいくとおいしい店ですよね。
そこで向いの夫婦のお客さんがおりまして、旦那さんの方がなぜか怒っています。
肉が足りない、いつもはもっと多い、と店員さんに文句をつけているのです。
店員さんは新しい牛丼を盛りなおし、持ってきましたが、それでも足りないと旦那さんの方は怒っています。
その様子を某家政婦のように見ていた僕は、完全にひいていました。
300円くらいの牛丼にごちゃごちゃ言っているんじゃねーよ、バーロー、と育ちのいい僕はいらいらしながら見ていました。
旦那さん、店員、僕、他の客皆「ああん?」という怒り状態に。

が、ここでもっと怒り始めた人がいます!
今まで旦那さんの様子を黙ってみていた奥さんが突然切れました。
猛然と立ち上がり、自分の牛丼から肉をスプーンで、旦那さんの牛丼にすごい勢いで移動しはじめたのです。

「あんたは肉さえあればいいんでしょ、ほらあげるわよ!!!!いつもそうよ!!」

・・・旦那さん無言。店員さん苦笑。僕笑顔。
旦那さん奥さんに怒られてショックだったのか、それからほとんど無言で牛丼を食べてました。
肉さえあればいい人生。いつもそうよ?
い、いつもかー。お肉ってご馳走なんだね。
僕は牛丼屋さんで奥さんに激怒されたくないなぁ。

d0011742_44422.jpg

[PR]
by swansong_day | 2010-07-22 04:04

家族

最近、日課となっている「日本むかし話」をネットでぼんやりと見ておりました。

「きつねの恩返し」という話がありました。
あのですねぇ、私、これをみて泣きました。
真夏の夜にランバダを踊りながら泣きました。
ドコドコドコドコドコ(簡単なストーリー紹介が始まります)

まず子供と旦那さんを失った、おきよさんがいます。
おきよさんは、幼くして母をなくした庄屋の息子の乳母をすることになりました。
乳母をしながら山にある自分の子供と夫のお墓に、通う日々。
そこでこれまた母親を失った子狐に出会います。
あわれに思ったおきよさんは、庄屋の息子さんと、子狐を自分のお乳で育てます。
庄屋の息子もきつねと楽しく遊びます。

そして、刻は流れ、きつねは一人でやっていけるようになり、山に帰っていきます。
それでも恩を感じていたきつねは時々里に下りてきて自分の「家族」を見守ります。

えー、ここらへんで僕はえっっぐえっぐ泣き始めました。心、純粋ですよねぇいや僕が。

成人した庄屋は、お城から昨今人々を困らせていた大蛇討伐を命令され、困惑します。(なぜ庄屋に?)
年老いたおきよさんは、自分も大蛇退治についていくといいます。
その光景をこっそり見ていたきつねは「ここが恩返しするところコーン!!」と走ります。

き、きつね・・・お前・・・。

庄屋の息子は、育ててくれたおきよさんを危ない目にあわせられないと深夜そっと退治に一人で出かけます。

む、むすこ・・・お前・・・。

庄屋の息子は大蛇に一人で立ち向かいます。うおおー、がんばれー。
しかし、庄屋といってもそこは普段は農家。すぐにピンチに。
そこに神社から借りた神剣をもったきつねが駆けつけます。
おきよさんも駆けつけます。

そして、叫びました

「神様、私の息子たち(庄屋の息子、きつね)を助けてください!!」と。。。

そして・・・。続きの動画

不思議な3人の家族の話。家族とは別に血のつながりではないのですね。血というものは傍目には見えないけれど、つながりというものは目に見えるし、感じられるものだ。
いい話だな。僕の家族、ロン(イヌ・雑種)にも見せてやりたいなぁ。
ああ、でも絶対あのイヌ大蛇きたらにげるなぁ・・・。
マッハで逃げるだろうなぁ。

d0011742_1593444.jpg

写真のイヌはマルさんです。
[PR]
by swansong_day | 2010-07-20 01:52

かも南蛮

「あ、久しぶりに鴨(南蛮)くいてーなぁ」
と僕は歩きながらふと思って、声にだして独り言を言ってみた。
おいしいですよねぇ。鴨君からでる脂、少し甘めのおつゆ、そして太目の焼きネギ。ハーモニー、ああハーモニー。
そこは池がある公園だった。ふと足元に視線を移すとそこにはしょくざ・・・ではなくカモ君がいた。
目があった(気がする)。

「ち、違うよ。君達のことじゃないよ!!セクハラみたいなこと言ってごめんね!!」
野良ガモは食べないよ、とも言いたかったが、その"野良"という言葉も彼らを傷つけてしまうのではないか、僕は気をつかったのだ。
「でも、君達のエキスが目一杯でている鴨鍋も結構好き」
僕は、彼らへの賞賛というアフターフォローも忘れなかった。
彼らはホっとしたように去っていった(気がする)。

いい話だなぁ、鴨との邂逅・・・。

・・・あれ、俺疲れてるのかな・・・。
d0011742_3513374.jpg

[PR]
by swansong_day | 2010-07-19 03:51

今は

怖いと言ったら怖いし、楽しいと言ったら楽しい。

d0011742_314254.jpg

[PR]
by swansong_day | 2010-07-18 03:01

一角獣

昨日見た夢の話。

ある巨大ビルに人々が集められ、そのなかに僕がいる

「このなかにユニコーンが見える人がいますっ!!名乗り出なさい!!」なんか偉そうな係員

「え、見えたらだめなんですか?」俺

「あ、見えます?君何番?」係員

「いや、見えないですけど・・・え、何番って??」俺

「みえるでしょ?」係員

「見えたらいいな、とは思いますけど。。。」俺

「だから見えるだろー!!!この犯罪者!!!!」係員(結構イケメンだった)

「見えないって言ってるだろうが!!!ユニコなんか!!」俺(ニートになりたい)

「ユニコ!!お前なに、愛称言っちゃってるんだ、ああ!?」イケメン係員

「みえませーーーーん、見えたらいいけどぉー」俺(あ、やっぱりニートになりたい)

それだけ、押し問答を繰り返しているだけ。え、なに、なんなの、なんの深層心理なの?
ユニコ・・・、お前のせいでとんだ濡れ衣だよ。っていうかユニコーンってなに??


・・まだ、いける!!

d0011742_1551635.jpg

[PR]
by swansong_day | 2010-07-16 01:55