<   2009年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

さそり、実食

さそり!
ダチョウ!
かえる!
カンガルー!
自分の純心!

今日食べてきたメニューの一覧でございます。
前にも書きましたが、恵比寿の「村さ来」にはげてものメニューが枝豆やまぐろ刺しに隠れてあるのです。
マイミクであり、大学ゼミメイトのT居さんと行って参りました。
喜び勇んで乗り込んで襲撃して参りました。
村さ来さんは近隣のえびすおしゃれスポットには負けず昔ながらの古き、よき、はっきりいってぼろい感じの地下の居酒屋でした。

が、席に案内され、メニューを見てもさそり載っていません。

「あのさそりないんですか?」俺

「・・・ありますっ」店員さん(目が一瞬光った)

写真のとおりかえるさん、さそりはわりと原形に近い形なんですね~。
店員さんが、サソリやかえる頼むために、「やりますね~」、「お、いっちゃいますかー?」、「それ滋養があります」とつっこんくるのがおもしろかったです。

さそりさん、カリカリしていて塩味でなかなかおいしかったです。
T居さん談「あ、おせんべいみたい・・・」

かえるさん、とのさまカエルさんの形そのままで、肉の部分少なし。きいていたより鳥の味っぽくなかった。
T居さん談「値段980円・・・?」

カンガルーさん、一番馴染み深い味でした。
T居さん談「豚味・・・?」

だちょうさん(刺身)、なんともいえない形容しがたい匂いで、不思議な味でした
T居さん談「獣だ!獣くさい味がする!なれるとおいしいと思う!」

他にすずめやタニシに挑戦しようとしましたが、品切れでした。

あと面白かったが、店員さんが注文したものを即座に一品ずつ、厨房に大声でとおすので

「あの、さそりと・・・」俺

「はい、さそり一丁!」「はい、さそりー」

「あと、このカンガルーの・・・」俺

「はい、続いてカンガルーぅぅ!!」「はい、かんがるー、ありがとうございますっ」

と店員同士で叫ぶので、ゲテモノばかり頼む僕ら少し恥ずかしかったです。
一応体面作りとして、「チョレギサラダ」だけまともなものを頼みました。

結果、一番さそりがおいしかった。街でみかけたらつかまえて素揚げにして塩で食べたいと思う。

d0011742_22113379.jpg

ぼけているのはわざとです!!リアルはちょっと・・・
[PR]
by swansong_day | 2009-09-30 00:51

No Meat NoLife

<<待つのが大嫌い。
<<失礼な人が大嫌い。

と前の日記に書いたら、全然関係ない方に謝られました。びっくりしました。
本当にすいません・・・そんなつもりでは・・・。その方なんか肉もおごってくれるとメールで言ってきてくれました。
違うんです、反省しています。誤解させそうな書き方でした、許してください。
昨日、待ち合わせした人に1時間も待たせられ、なおかつその連絡が遅くて、それで書いただけなんです。

ああ、あのでも、肉はおごってください・・・。肉・・・愛する肉・・・No meat No life・・・。

で、自分のお肉の値段を鑑定してみました↓
あなたのお肉の値段鑑定します


品質:養殖ブロイラークラス
100グラムあたり296円
あなたまるごとで189440円です。

あなたの肉はおいしいです。価格もそれほど高くなく栄養価もそこそこ高いので、特に育ち盛りのお子さまのいる家庭の晩御飯にぴったりです。いわゆる「おふくろの味」に用いられることが多い肉です。ステーキにしても、やや、スジが多いことを我慢すれば、けっこう美味しく食べられます。ただ、刺身のような肉そのもので勝負するような料理ではさすがにきびしいようです・・・



・・・え、ちょっと解説文がほめている風なので騙されそうになったけど、値段はまるごとで約19万円?
安くない?
・・・なんか悔しいぜ・・・。
養殖ブロイラー?
まあ、確かにワタクシぬるま湯体質、苦労したことないので間違っていませんわね。これはいい。
ええ、でもたった19万円?
自分を過大評価していたようです。てっきり麻布のマンションくらいは買える値段かと・・・。
明日からもっと謙虚に生きていかないといけないと思ったサタデーナイトでした。
ちっ。

d0011742_2513823.jpg

素敵なお店「だ」 TEL番「6」
[PR]
by swansong_day | 2009-09-27 02:49

待つのは嫌い

待つのが大嫌い。
失礼な人が大嫌い。

なぜだかいらいらして金曜の夜を迎えたのですが、
偶然新宿で知人にあってあっさり機嫌よくなりました。
その方、会話の中で「Mさんの下の名前、いい名前だねー」とワタクシの名をほめてくれたのであります。
ワタクシ、名前と犬についてがほめられると弱いです。

こんなこと書くのはあれですが、僕の名前の「ナオ」という名前の響きは女性っぽいと思いますが、
はやくに亡くなった姉の名をいただいたものなのです。
だもんでなんかほめられると嬉しいのです。
だから、いいか、これをみている友人たち、あれだ、ほめろよ・・・。
百歩譲って本人のことはいいからM林さんの名前と、そして家の犬(雑種)のことをほめてね

写真は友達たちがやっている舞台のフライヤー画像です。
僕が撮って、主催の水原さんがかっこよくデザイン/構成してくれました。
忍者かー。かっこいいよね。
来月の10,11日本番だそうです!ぜひ!!

このフライヤーまだ実際受け取ってないんだよなぁ、はは、主催者様方すごく待ってますよ。

d0011742_0384284.jpg

[PR]
by swansong_day | 2009-09-26 00:38

それでも

こんなこと言ったら怒られるかもしれないけど、悩みがある人がうらやましいっす・・・。
今日本当に心からおもった。
いやみじゃないっすよ。

・・・いや、若干嫌味はあるけど・・・、だれかのことを思い泣けるのってすばらしいと思うんですよ。
いや、ほんと若干だけど、嫌味はあるけれどもね・・・、ああ。

d0011742_133195.jpg

猫にも悩みはあるニャー。
[PR]
by swansong_day | 2009-09-24 01:03

イタリアーン

本日のイタリアン料理店の昼の一コマ

出演者:
客役=M林さん
店員役=店員さん(イケメンだった)

ロン(犬)さん=声の出演(友情出演)

「・・・昔、パスタ・スパゲティーは庶民しか食べないどちらかというと下品な食べ物だったそうです。
なぜならスパゲティーを手でつまんで食べていたからだそうです。
が、国王はこの下等なパスタを好んで手で食べていたそうです。それをみた王妃はじめ臣下たちはパスタを好んで食べる変わり者の国王をあきれてみていたようです。
そ・こ・で、身分の高いものもパスタを食べられるように方法を考えられるように、国王はある大臣に命令したそうです・・・」ロンさん

「それでさ、その大臣苦心のすえ上流階級の人もパスタを食べられるようにして、パスタの価値をあげたんだけど、どうやったと思う?」店員さん(すごくニコニコ)

「えー、なんだろうなわからないっすね・・・、まさか、パスタを食べるときにフォークを使うようにしたとかー?違うか、あははは」僕


・・・あ・・・知ってたんですか・・・」店員さん(すごく悲しそう)


「えっ?あてちゃいました??あれ、おかしいな、あれ・・・。」僕(正直ちょっとうれしい)

ごめんなさいごめんなさい店員さん・・・悪気はなかったんです。
まさか、そんな簡単な答えだとは思わなかったんです・・・。そんなパスタトリビアあてらちゃったことに落ち込むとは思っていなかったんです・・・。
まあ、正確には先端を3つに別れているフォークを採用して、パスタを食するようにしたということのようですが・・・。
いまやパスタをフォークで食べるのは当たり前のことだけど、そうではなかった時期があるんですね、
やっぱり当たり前のことはすごいですねー。

あれ、犬この話に関係ないな?

d0011742_22535521.jpg

だんす
[PR]
by swansong_day | 2009-09-22 22:53

せりふ

「それ、結構ひどいですね。」

「いやっ、俺が言いたいのはさ、大抵のことはさ大した事じゃないってことさ。本当さ。
お前、たかがおれらの人生じゃないか。はっきり言って誰の物語も大した物じゃないよ。
生まれて、生きて、死んで、それだけさ。
それだけで全然悪くない。皆考えすぎなんだよ、意味なんか求めるから、いつも難しい顔になるんだ。
そうだな、お前はただ歩け、歩けばいい。
そうすると一人でに意味が生まれるんだ。
お前、そう思っていれば正気を保っていけるんじゃないか?

なにもかもは、全然たいしたものじゃ、ないよ。」

d0011742_1343910.jpg

[PR]
by swansong_day | 2009-09-21 01:35

エアーロン

「あの。。。」友達

「はい?」僕

「時々遠い目をしながら、手をこうお腹の前で水平に手を振るように動かしてますよね?」友人

「あ、してますよー」僕

「もしかして想像の犬をなでてません?」友人

「あ、そうですよー」僕

「えっ?」友人

「えっ?」僕


「・・・エアーギターならぬ、エアーロンって言うんです・・・あ、ロンはうちの犬の名前ですけど・・・」僕

「・・・へ、へー・・・あははは」友人

今日の微妙な会話ですた・・・。
エアーロンひかれた・・・。犬と想像の中で話しているだけですよ・・・ふふ。

d0011742_16354141.jpg

人前ではやめるワン
[PR]
by swansong_day | 2009-09-20 16:35

シルバーウィーク

シルバーウィークだそうです。
てっきり自分には関係ないと思っていたのに、僕も5連休でした。
ええ、結構先週まで休んでいたし・・・。困った、そんなに休みはいらない!
同僚も同じことをおっしゃっておりました。

とりあえず、また小旅にでもでるかぁ。
今まで連休は避けてでかけていましたが、たまに混んでいるところにも行くのもいいかも。
そうだな・・・、羽田空港とかに旅行に行こうかな。
旅行した気分になれそうだし。犬がいないのがマイナス点だけど。
なにか間違っている気がするけど・・・。ま、でも僕の人生自体が間違いみたいなものだからねー。

・・・と、今日兄に言われたー。
あはははは、おもしろーい。

僕が尊敬する人たちがいろいろおもしろいことをがんがんやっている。見ているこちらが楽しい。
皆リスクや、失敗があることを多少承知でことを起こしている。
でも、そういう人達にお前もなんでなにもやらないんだ、とよく説教される。ビジネスをしろ、と。起業しろ、と。
KIGYOU?先輩がた、やらないんじゃなくてやれないんです。
人生間違いだって言われたしなぁ、あははは、おもしろーい。

・・・おい、兄っ、100歩譲ってこちとらが人間じゃないゾーンだとしても、お前も仲間だっ!!

d0011742_3452267.jpg

[PR]
by swansong_day | 2009-09-19 03:42

弱くなりたい

「うれしいことに私はずっと弱くなっていく。愛する人がいればいるだけ、彼らに心を開けば開いただけ、嘘をつかなくなっただけ私は弱く、そして美しくなる。
できればいつか骨になってしまいたい。他人に体を食べられても、私は弱くなりたいと思う。
骨からももっと微塵に砕かれて、砂になったらもう私は本当の人間になれる。
そうしたらはじめて言える。

私はもう醜くは、ない。」

d0011742_0381437.jpg

[PR]
by swansong_day | 2009-09-17 00:38

甲府へ

昨日の朝突然思い立ち、山梨の甲府に行ってきました。
その前の日まで毎日飲んだり、一昨日はディズニーランドでフィバーしたりと結構にぎやかにやっていたので
ゆっくりしたいなと思い、なぜか甲府に行ってきました。
甲府の山梨県立美術館に10年前に行ったことがあるのですが、ふとみておきたい絵があったので軽い気持ちでいってきました。
途中の電車から見える高尾や大月の森にびびりました。
え、東京自然充分あるじゃん、と思いましたね。

で、10年ぶりの美術館はかわったようなかわっていないような・・・。
美術館近くにあったご飯食べたドライブインはまったくかわっていないのがすぐわかりました。
それでも、美術館にある有名な絵は、子供の時きても、大人になってからきても、おじいさんになってからきても同じ絵が大抵そこにあるじゃないですか。ミレーや、ロランは10年前の記憶の通り待っていてくれました、なんか安心しますよね。
見たかった絵は、「ダフニスとクロエ」。
神話の2人は子供の姿で描かれています。しばらく見つめましたが、僕には兄妹に見えました。

なんか帰る気にはならなかったのでそのまま甲府市内の温泉ホテルに一泊しました。
お風呂に1晩で3回もはいりました。
なんだか興奮して眠れなくて2時頃浴場に行ったら貸切状態で更に興奮しました。
が、露天風呂で月やら、外の町並み(ホテルの屋上にある大浴場なのです)を黙って見ていたら
なんだか気分が落ち込んできて、寂しくなってまいりました。

そこで私は湯からあがりぼんやりと考えました・・・。
「あ・・・貸切だからあれやろうかな・・・」
やってはいけない、それはお風呂ではご法度と言われた。やったら日本追放だと脅された、お風呂内水泳を今ならできるのではないか、
いまなら憧れだったお風呂内クロール、いや、バタフライもできる!!
ここは自由の国だ!私は自由だ!私はとびうおだ!私は犬だ!
うわーい、あはは、あははははは、と秋の夜はすぎていきました・・・。
まあ、僕泳げないんですけどね。。。

このニートna2週間楽しかったー。いろんな人に会えたし。
が、急遽明日からワタクシ働くことになりました。
晴天の霹靂とはこのことで自分でもびっくりしました。「え、もう働くの?なんで?」と・・・。
いろいろ事情があり(本当はたいしてない)ニートキャンペーン週間終了です。
ニートしゅうりょー!!

明日からちゃんとやっていけるのかな、俺・・・。
いや、でも偶然とはいえ働く前に愛するディズニーランドや、甲府に行けておいてよかったー。
じゃあ明日からも適当にがんばります。なにもかも適当に。

d0011742_214471.jpg

[PR]
by swansong_day | 2009-09-14 21:02