<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

正月

大掃除をして31日は終わりそうです。
今年最後のディナーはハンバーグ弁当でした。
思うに今年はハンバーグな年だったと思います。
ハンバーグ、カレー、犬。
いわゆるワタクシの3大要素は今年も僕を支えてくれました、来年もぜひよろしくお願いします。
特にカレーさんには毎週最低5回は会っていますので大変お世話になったものです。
あ、この3つ子供が好きなものだ。
自分意外と子供好きでした。優しい、俺優しい。

毎年言うことだけど、また今年も言います。

来年もぜひよろしくおねがいします。

d0011742_214654.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-12-31 20:42

SKYへ

最近、「KY」という言葉が流行っていると思うけど、
友人が「SKYだよね」という事を言っていました。
意味をきいたら、「スーパーくうきよめない」の略だそうです。
ははあ、たいしたものだ。
そういうことを聞くと自分が歳をとったと感じます。
すいません、まだ26です。うん、まだだよ。

d0011742_1103479.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-12-29 01:08

クリスマス

今年はサンタ狩りしません!!
メリー・クリスマス!

d0011742_23303521.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-12-24 23:30

ふと思う

「絶対に努力や苦労をしない、真剣になる必要もない、絶対に」
と、誓いを中学生の時にたてました。
以来、まじめにその誓いを守ってきました。
重要なことは人に多大な迷惑をかけないことだけです。
他の人のまじめさを笑うわけではありませんが、これからもそうあり続けようと思います。
我ながらくだらないことだなと思います。

ただ、本物とはなんでしょうか。
情熱でも、信念でも、思想でもなにか、圧倒的で確実なというものあるのでしょうか。あるとしたらどこにあるのでしょうか?
そういうものを見てみたいと思います。
それまではできるだけ思い込み、偽者からできるだけ本物に近づこうと思うだけです。

d0011742_22382144.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-12-21 03:58

僕はそれが許せない

昼ごはんに街の中華料理店でチャーハンを食べました。
チャーハン好きです。
ご飯を炒めただけのシンプルな食べ物。
不良だった白米君と油君とが出会い、互いに切磋琢磨しその身はやがて黄金色をまとっていきます。
そして、成長した彼らは鍋の上をジェニジェニ踊るかのように繰り返し繰り返し宙を舞います。
青春です。
やがて若かった彼らも丸くおさまります。そうです、とき卵さんの登場です。
塩辛くとんがっていた彼らも卵の優しい心にほだされ穏やかになります。
やがてハム、長ねぎ、グリーンピースなどの子供ができ、
彼らは本当の家族となったのです・・・。
「あのさ、俺ほんとは皆のこと嫌いじゃないんだ・・・」
チャーハン一家は今日も中華皿に、仲良く丸く盛り付けられているのです。ああ、多分永遠に・・・。

・・・あ、でですね、チャーハンもおいしいですけど、
一緒についてくるスープも重要ですよね?あれを楽しみにしている人も意外と多いんじゃないかと思うんですよね。
別に多くは望みません。ラーメンのスープをそのまま流用してもいいのです。
チャーハン先生のちょっとくどい油を流してくれるものならね。
しかし、なんと今日入った店チャーハンになぜか味噌汁をつけてきやがったのです。
僕、切れましたね。
年に1,2度怒ったり怒らななかったりする温厚な僕もこれには頭きました。
ちょっと待てよ、ここ中華料理屋だろ?なんで味噌汁やねん!
あるだろ他にスープ的なものが!
しかも口惜しいことにその味噌汁は赤だしでちょっとうまいし。なにちょっとうまい味噌汁だしてんだ!!
洋食屋のハンバーグに付け合せのスパゲティ(ナポリタン)がついてこなかった、または親子丼にあろうことか三つ葉がはいっていない、などと同じようにがっかりです。
チャーハンと味噌汁って・・・。あー、ひどいひどい。

ちなみに僕子供の頃、イタメシ屋って言葉がテレビに出てきた時、なぜか「炒飯屋(イタメシヤ)」だと思っていて、
へー、チャーハン専門店なんかあるんだ、いつか行ってやる!!と大きく勘違いしていました。
子供の時の僕非常に残念な子でした。
[PR]
by swansong_day | 2007-12-17 14:56

今日の感想

皆ようわからん。
ほんとわからないっすねー。
それが楽しくもあり、悲しくもあります。

今日昼休み、外でひなたぼっこしてたら黒い犬をつれたおばさんが通りかかりまして、
犬好きの私は即座に彼(犬)とハグ。
「あらあら、うちの犬黒いから怖がる人もいるのに」とおば様。
そ、そんなことないですよ!素敵ですよ!暗闇があるから光も映えるのですよ!正義のレンジャーしかでてこない戦隊物なんか全然まったくおもしろくないもの!!
どっちかっていうと僕はショッカーとかの隊員になってイーイー言ってたいもの!
ちくしょうどこのレンジャーだ!うちの兄弟(犬)の悪口言ったのは!

そんなこんなで犬との異文化交流をしていたら昼休みを過ぎていて、怒られました。
自慢ではありませんが大人になってもよく怒られます、いえーい。
いやっ、ほんと人ってうよくわからないですよね。
ええ、特に意味はないので気にしないでください、はい。

d0011742_134262.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-12-15 01:34

今眠いです

この前、「M林さんさすがですね!」とイケメンにすんごく笑顔で言われました。
やー。どきどきしましたよね。
あーもうこりゃあイケメンのホストにはまるおばちゃんの気持ちがわかる気がしましたねー、ええ、ええ。

さっき、実家の母との電話会話でなんか話が合わないなー、と思っていたら
仕事を変えたことを言ってないことが判明。あらっ。
まあ、めんどくさいし、話長くなるし、そのままにしておきました。
なんか恥ずかしいんですよね、まじめな話をするのが。

で、最後にロンさん(犬)の様子を確認したところ
「あ、今日3日ぶりに見た」との返事が・・・。がーん。
犬、どうやら遅れて来た反抗期のようです。
母が久しぶりに見た犬は落ち葉を貯めた落ち葉山の中にもぐってたそうです。
犬、どうやら暖たたかったようです。

明日、明後日がんばったら、3連休だ!!

d0011742_0583513.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-12-13 00:53

勝利とは

バカになれるやつの勝ちだと思う。
っていうか思った勝ちだ、昔大河ドラマの「毛利元就」でよくポジティブな元就の奥さんがまだなにもしていないうちから、こうこう私達は考えるのだから、ゆえに
「勝ったようなものでございますな!」と言って、夫を励ましていた。
思えば勝ちなのだ。自分で悟っても勝ちなのだ。負けというのは結果であって真実ではないのです。
すごいことだ。

でも、僕はバカになれない。常識の範疇で動いてしまう。
でも、役者や、音楽している友達などは「がははははははは」、と自分を曝け出している。
大したものだ。
時々テンションがあがって獣みたいになっていることがありますが、まあ、それはきっと本性なのだから仕方ないでしょう。
でもやっぱりバカになったもの勝ちだと思います。
今日、ある方を見ていて思いました。その人は私から見るともう勝ちに勝っています。
そして、今僕は焼酎を飲みながら静かに悟り始めています・・・。
TSUTAYAにDVD5本返すのわすれてた・・・延滞料で千円以上・・・あああ。
そして、私はいつまでたってもバカにはなれない。なぜなら育ちがいいから。温室育ちだから。

d0011742_1599.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-12-06 01:00

秋葉原と信じる心は関係あるか?

連休一日目。澄み切った空気の中を、穏やかな気持ちで散歩しようと思ったら・・・
外は真っ暗・・・あれ?Rainy Day・・・。

よし、それならあそこに行こう、と考え、
秋葉原に足が向かいました。
僕は家電屋さん巡りも大好きなのです。中学生の頃から、街にでた時、寄るスポットとして
「K'sデンキ」さんと「ヤマダ電機」さんがはいっていました。
なにするでなく家電の新製品常をチェックするのです。
おかげで家電メーカーかなりの数言えます。オタクです。
でも歴史上道を切り開いてきたのはほらっオタクだからさ。
とにかく秋葉原のような家電屋さん密集地帯はぼくにとって天国なのです。

今日もItalyの新型エスプレッソマシンのフォルムが綺麗で感動し、
「フフフっ、素敵だねっ」としっかり撫で回してきました。いえ、正常です。ただのオタクです。
ちなみに宇宙を作ったのはオタクです。全知全能です。
でも、実際にはめったに製品は買わないけどね。なんか電気製品好きなんですよねー。
今一番の興味あって勉強しようとしている家電は電球です。
いえ、正常ですって。あと、犬も好き。


帰りに、友達と落ち合いお茶したのだけど、
「お互い他人を心から信じられるようになれればいいね」
と、いう話でまとめられた。
・・・・うん、そうだね・・・・・・・・。
え、お互い???僕もっすか??
僕は信じていますよ。
毎日必ず大小嘘をつくし、時々左半身の感覚がなくなるおかしな癖があるし、犬狂いだし、近いうちにニートになる予定だし、努力をしたことがない人間だけど、
何人かの人達を信じております。
多分、僕はその人たちに依存して生きています。
ありがとう。

多分、その人たちも僕に毎日感謝して生きていると思う、だから遺産とか譲ってくれるとうれしい。
そして、なにがなんでも僕はこれからも努力はしま、せん!Never!するもんか!
そんな、間違った燃え方をしている私に愛ある差し入れを!!餡子系のものを!柴犬を!

d0011742_1394131.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-12-04 01:37