<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

楽しみ

やべ、これからがすごく楽しみだ。
特になにがあったかというわけではないけれど、なんだすごく楽しみなのです。
自分的には個人的にも、団体的にもイベンツが目白押しだし。
実は来月から北海道に引っ越してしまおうかと本気で迷っていて、実際の話もある程度まで進めていたのです。でも、とりあえずやめました。
もう少し、東京でぶらぶらしてみようと決めました。
そう決めてしまったらなぜだか今すごく明日からのことが楽しみです。や、何も決まっていないのだけど。
私はどこかに行きたい。とりあえずどこかに行きたいのです。
でも、もう少し東京でばたばたしてみて、どうするか決めます。以上M林さん心の決断報告でした。よろ。

NapsterでBonjoviの新譜を聴いた。
多分3年ぶりぐらいにBonjoviの曲をちゃんと聴いた。よかった。
中学校の頃から、高校の間まで熱心に聴いていたバンドでした。
ライブも2回程行ったことがありました。
でも、いつの頃からかあまり聴かなくなってしまったけれど、相変わらずかっこよかったし、
全然輝いている。なんだか安心しました。
俺もがんばるぞ!まずはなにからしてくれようか、ごみ拾いとかすればいいだろうか。
よし、写真を撮りだめてみようそれでHP作ろう。
そして、しばらく毎日ニートしてみよう。あ、俺今ニーとだ!ニートだよ、クララ!あははっは。

・・・あ、今日は会社の送別会がありました。
言葉に仕切れないほど感謝です。どうもありがとう。くどいけどうちの飼い犬のことは忘れないでね。
d0011742_283729.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-06-30 02:05

なにをしているかというと

自主的に夏休みにしてから3日がたちました。
72時間中、多分半分以上は寝ていました。
流石にこれではまずいと思い、今日浅草に行ってきました。
なんとなく川のあるところに行ってみたかったのです。
お天道様の下を浅草~南千住間をだらだら歩いてきました。
感想を簡単に言うと、暑くて死ぬかと思いました。ビバ不健康でいいやと思いましたね。
浅草に行った記念にまた400円分のスクラッチ宝くじを購入したところ、また500円分あたりまました。
なんとなく釈然としないまま、隅田川沿いを歩いてきました。

おばちゃん4人が川沿いで自分が若いときはいかにもてたかを話し合っていた。
多分われわれは幸せだ、なんとなく。
d0011742_111394.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-06-28 01:11

ちょっとした報告

昨日を持ちまして私無職になりましてん。
2年3ヶ月通った職場ですが、さすがにがらんとした引き出しと見たときと、いつも首に掛けていたIDカードを返すときは寂しくなりました。
まあ、辞めた理由は特になく、「なんとなく」で退職したのですが、
非常に居心地がいい場所でした。お世話になりました。ありがとうございました。
職場の方は僕を忘れてもいいので、僕が大事にしているロンさんだけはくれぐれも忘れないでください。っていうかパソコンの壁紙はロン君を採用してください。
ぜひ会社ぐるみでご検討いただければ幸いです。

退職をしたので記念に、髪を久しぶりに金髪にし、あと、宝くじ(スクラッチ)を買ってみました。
大学時代のワタクシは馬鹿みたいに髪の色を変えまくってましたが、
その当時の髪質はなんとういうか、昆布?みたいなさわり心地で、非常に将来の頭髪にによくない感じなのでした。
今もブリーチしたら髪ぱきぱきです。
なんせ、染料を塗りたぎってから、ラップで頭を巻き巻きして、ゲームをとりあえずはじめてみたら、予定の時間を軽くオーバー。オーバー ザ レインボーです。
ちなみに宝くじはあたりました。
400円分買ったら、500円分あたりました。今日の錬金結果は100円なり。

d0011742_2343568.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-06-24 23:41

昨日は

最高の誕生日となりました。
WWW(http://homepage2.nifty.com/hamyucomyu/)というイベントがありまして、6/17(僕の誕生日)に高円寺書林という素敵なブックカフェで第四回目を行ったのです。
主催者の水原英里さんが書いた話を、ナレーター、声優、役者さんが朗読するというもの。
で、僕の役どころはイメージ写真撮影、会場撮影、雑用でした。なんと話の中身は青春もので、鎌倉の高校が舞台となっております。
青春・・・と、言っただけで、恥ずかしくなりそうです。本当は苦手です。
でも、不思議と朗読を聞いていると、「ああ、恋って・・・」ってなぜだかどきどきしてきました。DokiDokiですよ。
お客さんからもちらほらそんな声が聞こえてきました。
いい話でした

メンバーの何人かとイメージ写真を撮るために鎌倉高校に行ったり、七里ガ浜の海岸を歩いたりとしてきたのですが、彼らのテンションが常にMAXで江ノ電に乗ってから、東京に帰ってくるまでずっとしゃべりっぱなし、笑いっぱなし。
よるなんて、夜の海でKFCのチキンを食べたり、海に向かって叫んだりしました。
青春です。これはもうRe:青い春です。
すごい楽しかったなぁ。

んで、誕生日に素敵な朗読劇を見れて、なおかつ打ち上げでは誕生日を祝っていただきました。
意外とすぐ泣くので、こらえるのが大変でした。実家の犬が救急車で運ばれるところを想像してなんとかこらえようとしましたが、犬が救急車に運ばれるなんてすげえかわいそうだ、と思いもっと泣きそうになりました。
まあ、なにが言いたいかというと、6/17はいい夜だったてことですよ。
WWWファミリーとお客さんに感謝です。
次はお客さんとしてあの会に行ってみたいな。

d0011742_034586.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-06-18 23:48

26

26歳になりました!わー!きゃー!
特に感想はないです。自分みたいのが26歳になってしまって、26歳に申し訳ないです。
それにしても歳をとるごとにどんどん自由になっていく気がします。
多分、それは周りにいてくれる人たち&犬のおかげだろう。本当にありがとうございます。
そんな私をどうぞこれからもよろしくお願いしますm(__)m
あ、26歳になったことを書いたのは、プレゼントを求めているからでもあります。
これ読んでいるのは近い友達だけだと思うので、プレゼント、くれ。
・・・青春をちょうだい・・・。
[PR]
by swansong_day | 2007-06-17 01:09

救急

今日会社休みました。
なぜかというと、昨夜救急車で運ばれたからです、あははは。
人生で2度目の救急カー体験、おー、いえー。

今はまったく問題なく、さっきまで普通にカレー作っていました。
まあ、あれですよ、病気とかじゃなくて、ほら、あの・・・その・・・、い、いえない!!
特にたいしたことじゃないけど!いえないわ!救急車は無料だった!!
だれか、お見舞いを!金めのものものを!

思いがけず休みになった(念のため静養をした)ためにたまっていた作業を一気にやってしまいました。
写真のスライドショーを作ったり、習い事の宿題をやったり、旅行の予約したり・・・。
よく考えれば来週からは自分がなにか始めるまで毎日夏休みだ。つまり無職だ。
ひ、ひまそうだ・・・。

宮崎あおいさんの結婚ニュースをなぜだかメールで3人の人が教えてくれた。
なぜだ。
うん、まあ、普通にへこんだけどね。
d0011742_21183099.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-06-15 21:18

9回

気づくと、会社に出勤するの残りあと9回。
何気に寂しい。
毎日だれかに「次何するの?」と聞かれますが、なにするんでしょうね?
なにするのか自分が、自分に聞きたいくらいなんですよ。
目が悪くなるからもうIT系はいいかなって思っているくらいです。
「自由だよね」、「余裕あるよね」って言われますが、多分そんなんじゃないです。
重要なことは自分でなに一つ決めたことはないし、責任はとらないし、そして貯金はない。
かつかつだ。余裕なんてない、っていうか余裕ってなんだ。人生はロックだ!人生は歌謡曲だ!江戸っこは宵越しの金は持たねえ!寿司くいねえ!寿司くいねえ!
あ、寿司食えない、寿司くえない!初がつお初がつお!
ってことで仕事やめたら長期に旅行いくって答えてますが、それはうそです、そんな余裕はない!No Money!

あー、今日素敵な日だったけど、疲れた・・・。
雨が止んだあとに濃い青空が広がっていました。
まあ、ゆっくり進んで行こうと思いました。
何気にイベントが続く・・・。
今日のちょっとした会も「なんかやりてえ!」と思わせてくれました。
この会素敵な人たちに会えるから毎回楽しみだ。
次もよろしく。
d0011742_042037.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-06-11 00:01

選択として

私は、多分なにも決めない。


d0011742_1361010.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-06-06 01:33

銀座の水

昨日、母が東京に来ていたので、買い物に付き合う。
なぜつきあったかというと、大人になってもなにか買ってもらおうと思ったからだ。
何歳になっても親からすると子供は子供だと思う、の、です。
それで、買い物に疲れて、銀座のちょっと高めの喫茶店にはいる。
ブレンドが1杯1000円だった。
ブレンドの味もなかなかだったが、母は最初に運ばれてきたお水を飲み
「あ、水がおいしい!」と驚いていた。
またまたそんな水はどこでもかわらないでしょー、と次男の僕も水を飲んでみたら
「あ!本当だ、水がおいしい!」と、なりました。
店を出るまで20分くらい親子で「水がおいしい」、「この水すごくおいしい」と交互に言い合っていました。
いや、ほんと水がおいしかったんですよ。
ちょっと高いコーヒーよりも無料の水に感動した、素敵な親子も物語でした。
d0011742_003975.jpg

[PR]
by swansong_day | 2007-06-04 23:58