<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

有意義な

明日は休みですよ。うれしいですよ。
なにが嬉しいって昼まで寝てられることと、会社の人に昼からお酒飲んでいる画像送ることですよ。
・・・全然有意義ではない?
でも、ワタクシ子供の時から有意義な時間なんてものは人にはないものだと思っていますから。
・・・俺だけ?皆は有意義?

あ、今朝の出勤途中に、犬に会った訳ですよ。
道路の角にある小さな居酒屋で飼われている犬なんですけど、毎朝挨拶だけしています。
雑種で、耳がペタンとしていて、なにも考えていない顔しています、
で、今日そやつ服着てたんですね。
「おお、お前今日はwearしてるのか?」と話しかけると、その犬コクントとうなずきました。
おお、 と思って何気なく横見たら、まったくうりふたつの犬がもう一匹いるわけですよ。

「いつ増えた?」
と、驚いていたら、。お店の人が、「その子達、セットなのよ~」とのたまいます。
セット?なんだそれ?双子?
片方は服は着てなくて、なんとなく差別されている気がしますが、どちらもかわいいです。
片方はファッションリーダーなんだそうです。いや、それおばちゃんのさし加減だから、とも思いましたが、無視して彼らと遊んでいました。
「うふふ、あはは、そうかー、あははは、えへへへ」(気にしないでください)
それで、うっかり遅刻するところでした。

着席した直後に言われた言葉、
「ぎりぎりでしたねー、もしかして犬と遊んでたんじゃないですかー?」
「そんなわけないですよ。道が混んでて・・・はは」

あ、あったてるがな・・・。
あ、あしたは有意義な一日になればいいな・・・。
d0011742_2103373.jpg

[PR]
by swansong_day | 2006-11-30 02:02

森の声

d0011742_21342438.jpg

↑右がS口さん

昨日、一昨日と、S口さんとお茶をし、お話。
おお、またまたなにかやるんだ。
今回のテーマの対象は僕の身近にあったもの。森の中の施設。
彼女は「大丈夫じゃない気がする」と言います。
僕は「大丈夫だ」、と思っていました。
おもしろい、という言い方は失礼かもしれないが、確かめねば!
大人のなってからの勉強ってなかなか楽しいものですよね。
ってことで明日から核燃料について勉強だ!仕事中に!ネットで!

それにしてもS口様と、今週のイベント主催者のめめぞー様にはいつもお世話になっています。
「ちょっと」かわった方々ですが、いつもありがとうございます!
今度写真撮る機会あればね、もうすこちゃんとします。
いや、「ちょっと」っていうのは間違いでした。「ひどく」でした、えへ。
いえ、これからもよろしくお願いします。焼肉おごってください。キムチもつけてください。

d0011742_21344611.jpg

↑めめぞさん
[PR]
by swansong_day | 2006-11-27 00:36

www

昨夜は、「はみゅ・コミュ」( http://homepage2.nifty.com/hamyucomyu/ )
当日でした!!
やー、熱った(2重の意味で)。楽しかった。そしてちょっぴり反省した。
写真と、会場のお手伝いと、どちらも中途半端なところまでしかできませんでした。
でも、ありゃあ素敵な夜でしたよ。

「11月22日、あけといてくださいね」と2ヶ月前くらい前に寝起きに電話で言われて、
いったいなんのことやらわからず、「はひぃ、わかりましたー」と、のん気に答えて、
昨日本番迎えたわけなんですけど、主催者のめめぞうさん、はみゅーさんには
大変な1ヶ月だったと思います。
一からすべて自分達で作り上げていくというのは、すごいことで、心配もかなりあったのではないかと思います。実際大変そうでした。
でも、お客さんもたくさん来てくれて、場所なくて、会場暑くて、ビールおいしくて、と
あんまり手伝えてなかったくせに、終わったときは感動しましたよ。
スタッフ、主催者、お客さんに感謝したいです。心からありがとうございました。
それから20才の誕生日を迎えたはみゅー!おめでとう!いい誕生日だったよねー!
あと、めめぞう様、次も楽しみにしています。

d0011742_1473551.jpg

[PR]
by swansong_day | 2006-11-24 01:02

greatful days?

磯野波平さんに双子の兄がいたと知って、
「おおおおおおおおおおおお、おお?」
と、なぜだか大いにショックを受けて、魂が抜けたようにボー然としていました。
なんとなく自分も双子ではないかと疑ってみましたが、なぜだかエアマックスを試着している白熊しか思い出せません。
あと、朝出勤途中の道すがら、材木屋で飼われている柴犬(丸々としておいしそう)を
じー、と虚ろな目で見つめている同僚を見つけたので、
僕も同僚をじー、と虚ろに見ていました、10分くらい。悲しいほど寒かったです。
誰か、助けてください。

あ、AppleのCMにラーメンズでてますね。
d0011742_084358.jpg

[PR]
by swansong_day | 2006-11-17 00:08

Gameな日々

昨夜新宿ヨドバシカメラの前を通りかかったらすごい数の行列に遭遇。
すっかり忘れていたけれど、PS3の発売日だった。前の日の20時くらいから並んでました。彼らは。
先頭あたりはもうぐだぐだで警備員さんが一生懸命綺麗に並ばせようとしていましたよ。
それにしても値段、高いですよね。ほしいけど、きっと値段分やらないと思うし・・・。
ワタクシ、なぜか会社の人にゲーマーだと思われています。PS3の値段とか特徴とかも
たずねられました。必死にググッっ(Google)てすました顔で答えておきました。
いや、ゲームそんな知らないんですけど。そう言ってもなぜか信じてもらえません。
多分入社直後にゲームの話をしていたからでしょう。
ちなみに、行きつけの美容院の人は、ワタクシを温泉好きだと思っています。
初めて言ったとき温泉の話をしたからです。温泉なんか3年は行っていないと思います。
うーん、初対面の時話す話題って大切ですよね。

・・・それで、PS3で盛り上がっているときに恐縮ですが、僕X-Box360を
か、かってしまいました。
デザインが前から気に入っていて、あと、あんまり売れてない(多分)ところが気に入りました。
というか、一番の理由は酔っていたからでしょう。
「ああん?PS3?じゃあ、こっちはX-Boxだ!俺の酒が飲めないのか!!」と・・・。
アウトロー万歳!
X-Boxのグラフィックいいぞー!!
d0011742_1755593.jpg


「X-Box360ですね?お支払いは?」店員
「に、にかい払いでお願いします・・・」俺(shy)
[PR]
by swansong_day | 2006-11-11 17:06

11/9

「24時間走り続ける足をあげるわ!」神様
「やった!ありがとう!」俺
「じゃ、24時間走り続けていろんな人から逃げきってね。ずっとね。」神
「・・・」俺

↑昨日見た夢の一部分です。ほんとにいつまでも走り続けることができました、夢の中で。


なんつーか、この10年間同じような生活をおくっている。
学生から、毎日一応働きに出るという形態に変わったけれど、
それほど忙しいわけでもないし、歯を食いしばって、努力をして、生きているわけでもまったくない。
暇なときはただ街を歩いて、あきたら帰ってきて本を読んだり、DVD見たり、ゲームする。
高校生の頃もおなーじことをしておりました。
これでいいのだろうか?いいんじゃないでしょうか?いいと思う?いいんでしょうね?
そりゃあ、人間ですから成長した部分や変わったところもありますよ。
だけど逆になくなったところや、退化した部分もあるわけで、結局
元の「私」がやっぱりそこにいるわけで、人間なんてたいして変わらないっすよね。
それで、今日も秋空の下うろうろしてきました。多分10年後も同じことしてるんじゃないかな。
あー、たのし。あー、暇だ。

d0011742_21423.jpg

僕、熊です!!
[PR]
by swansong_day | 2006-11-10 01:58

思ったこと

子供の頃に砂嵐が発生するのを見た。昼休み、校庭で。
子供達が遊んでいるところに、突然見たこともない大きさの風と、土でできた
柱が浮かび上がり、たちまち児童達を飲み込んでしまいました。
砂が顔に当たり痛かったけれど、
自分はただそこで、その竜巻を眺めていたのを覚えています。
不思議なもので他の同級生はじめ、子供達も皆逃げるもなく、騒ぐでもなく
ゆっくりと、でも圧倒的も歩いてくる竜巻をただ待つように見上げていました。
春のいい天気の日でした。
子供達は、ただそこで見ていました。

どうでもいいことだけど、よく晴れた日に、砂嵐がありました。
子供達はただ、そこでそれを静かに見上げていました。
そのことを今なんとなく不思議と思い出していました。

d0011742_1364488.jpg

[PR]
by swansong_day | 2006-11-08 01:18

謎と真実

今日一日、戦国時代三昧でした。
ゲーム、本、テレビ、映画と、戦国時代のお話ばかり見ました。
すごく無口な方が、「いや、戦国時代っておもしろいですよ」と、はにかんで仰っていたのを
きいてなぜか感銘を受けてより興味を持つようになり勉強中です。
特に伊達、毛利の話が好きで仕事中もネットで勉強中です。ネットって便利。仕事って大変。
逸話なんかおもしろいものばかりです。
他の大名とは違い中国地方の覇者になっても、決して天下を狙わないようにと、言い残したり、
徳川の世になってから鷹狩に出歩く家康に伊達正宗が「危ないので下宿はやめてください。私もあなたの御首を何度か狙ったことがございますので」と、説得力ある発言で諌めたりとか。
ぜひ、毛利家や、伊達家の縁の地に行ってみたい。

先ほどまで「信長の棺」という信長の死の謎を追うドキュメンタリータッチのドラマを見ていました
こういう風に謎を追う話って大好き。
ただ、先ほどの逸話も、信長の死の謎も、真実は定かではないのですよね。
本当のところは誰もわからないのです。
見る側によっても真実はかわるのでしょう。
言い伝え、伝承、記述、必ずどんな形であっても伝わるときにはフィルターが入ってしまう思います。
思惑や、悪意や、希望が物語に追加され、もっと歪みがでてくる。
ネットで戦国大名のことを調べると、さまざまな逸話がでてきます。
そして皆、揃い、本当は名君だった、本当は美男子だった、本当は病死だった、本当はどこかに逃げ延びた、などの
異説、が最後の方にかいてあります。
当たり前だけど、一兵士にはそんなに大げさな逸話はない。求められていないからだ。
多分、謎や、真実というのは人々が作りだすものなのです。だからそれらは決して
一つの形をとらず、それゆえすべてを見せてくれることはないのでしょう。
ではなぜ人は知りたがるのでしょうか、なぜ人は謎や真実を作り出していくのでしょうか。
不思議です。

・・・当たり前か?当たり前のこと語ったか?
ええ、昨夜ですね、見た夢がですね、ウルトラマンとウルトラマン エースが
我が家に遊びに来て散々くつろいで帰った夢でした。
「契約問題に揺れている」と、意味不明な言葉を残していきました。
エ、エライコトやがな・・・。また謎が一つ・・・。M78星雲になにがっ!?
し、しりてー・・・。

d0011742_0292658.jpg

[PR]
by swansong_day | 2006-11-06 00:28