<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

送る

1週間一度くらいの割合で、このにっき?を書いています。
これから分かることは、1週間というのははやいということです。
早すぎです。
来週にはもう、8月終わりです。もうすぐおーたむさんがきます。
セブンイレブンでははやくも鍋焼きうどん(冬の主食)を売り始めています。
ちなみに近所のセブンで店員さん同士で付き合っているようですが、
いつ結婚されるのか毎日どきどきしながら見守っています。発泡酒を買いながら心配しています。
はやく。


来週は北海道に行ってまいります。
そして、会社の人や、友達や、犬にメールを送るのです。
昼間からビールを飲む俺を。楽しそうな俺の様子を。もう、送ります。

「すごく たのしいです。多分そっちは楽しくないと思います」

と送ります。いえーい。メッセンジャーなんかも送っちゃおうかな。
まあ、旅目的なんか、主に嫌がらせですよ、ええ。特にやることなんかないですから、ええ。
手の込んだ嫌がらせですね。

写真は浜離宮です。蜂がたくさんいてすごい怖かったです。

d0011742_23541856.jpg

[PR]
by swansong_day | 2006-08-25 23:54

暇な夜

「なにもしないでください。この国のために、人のために、子供ために、神さまのために。なにもしてはいけない。
主義や信念は悪魔だ。強く信じることも正しいことではない。
自己の満足のためだけに、自分が泣きたいがために行動することをやめてください。
決して、なにもしてはいけない。
してもいいことは、人の腕が届く範囲を知ること。
多分、心からそうすれば大半の問題はなくなるのではないかと思う。非常に寂しいことだけど。」


私はこの言葉の意味がなんとなく分かる気がします。

あ、どうも、キーボードの掃除をしながら幸せを感じている僕です。
さっきまでは洗濯機の回転を見ながら幸せな感を感じていました。
あと、薩摩きり公の凹凸をじーと見ていました。楽しいです。
あ、かわいそうじゃないですよ、僕可哀相じゃないですよ。ちょっと暇だっただけです。
あと、ビレッジヴァンガ-ドからファミレータというファミコン互換機買ってきて
さっきやってみました。ファミコン久しぶりにやってみました。
すげえ簡単でつまらなかったです。

今日思ったこと = やー、25歳になっても15歳の頃となんらかわんねえな。やばいなー。

d0011742_151582.jpg

[PR]
by swansong_day | 2006-08-17 01:52

セミの声を聴きながら

朝、起きたら見事な寝癖でおどろいた。「きゅーー」という感じに仕上がっていました。
朝から、きゅーきゅー言ってました。
午後は国立西洋美術館へ行って参りました。
ここは常設展は安いので気軽に遊びに入れるので、好きです。
学生だと130円くらいだったので、よくベンチに座ってぼーとしてました。
絵を見ながら勝手に物語を作り上げて、へらへら笑っているのが楽しかったー。
様々な時代の、様々な土地の、様々な様式の生活が、
いつでも館内で呼吸をしながら、そこにある。
私はいつでもそれを眺めて、楽しむ事ができる。それって贅沢なことじゃないだろうか。
仕事はできないけど面倒見のいい明るい町長さんの話、幼くして亡くなった貴族の子の話、
考える事を放棄した彫刻の話、それらの絵を見つめる子供の夢の話、
とかいろいろ妄想ができます。へへ、えへへへ。
今日なんかは中庭に面した休憩所で、セミの声を聴きながら静かに妄想できました、うふ、ふふふふ。
多分10年後も、ここでこの絵たちは待っていてくれるんだろうな。なにも変わらず。

で、美術館からの帰り歩いていたら、なぜか秋葉原に辿り着いた。。。あ、あれ?
別にマックユーザーではないのに、マックユーザーっぽくお店の人と話してみた。
出来る男はマックだ、と結論がつきました。あ、あれ、俺マック漫喫にあったやつしか触ったことないぞ。ダブルクリックしてたぞ。

ああ、夏だ、ああ、妖怪いないかな・・・。

d0011742_125245.jpg

ネコじゃありません。いや、だからネコじゃないからね。
[PR]
by swansong_day | 2006-08-12 01:20

霞ヶ関

久しぶりに、霞ヶ関を歩いてきました。
昔派遣のバイトの集合場所に使っていたところに偶然辿り着き懐かしかったです。
ひたすら椅子や机の搬入をしていました。
前職ねずみ講のお兄さんから話を聞きながらお昼を食べた食堂もありました。
「しばらくしてからねずみ講の会社だって気付いて先週やめたんだ・・・。やっぱりまじめに生きなきゃね・・・」
って言っていた彼元気かな・・・。
内心、ねずみ講の会社だって気付くの遅いよ、とか思いましたけど。
土曜の霞ヶ関は人のいない、無言の建物ばかりが聳え立つ不思議な街でした。

夜は落語を見てきたのですが、大学時代の先生が会場にいらっしゃっていて
噺家さんがお話中に、その先生が何気なく「おほんっ」と咳払いするのを聞いて、
自動的に敬礼しそうになりました。
「はっ、すいませんっ!!!」となぜだか背筋がピンッと伸びてしまいました。
卒業して結構立っているのに・・・。うーん。
[PR]
by swansong_day | 2006-08-06 01:35