<   2005年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今日渋谷を歩いていたら女子高生のさしていた傘が、
ボクニ ササリマシタ・・・。
やー梅雨って危険なんだね!
[PR]
by swansong_day | 2005-05-31 00:00

雨の後

「残された人間と、悲しい雨の話がテーマ」、の写真と原稿用紙三枚くらいの文をくれ、
と友人に言われたので、ちょうど前に書いたやつがあったので送ったのに、
「これ、悲しいし、救いようがないから駄目だよ・・・」って言われた。
なにっ、暗い青森県人を馬鹿にしてるのか!
文章はともかく、感じはでていると思ったのですが・・・、あ、でてないか?
大好きな畠山美由紀さんの曲を聴きながら、頂き物のオーストラリアワインを飲んで酔っ払っています。
誰がなんと言おうと、次は美由紀さんのライブ行くぞ!ラーメンズのライブ行くぞ!
楽しみますよ・・・。
[PR]
by swansong_day | 2005-05-30 01:12

本当のこと

やっとTestが終った。あー、疲れた。
昨夜、3時間も勉強しちゃいましたよ・・・。べ、べんきょ、う・・・し・・・た・・・・、つもり・・・。
5月病が蔓延している、周りの人達がいろいろ大変、らしい。
昨日、昔のノートを見返していたら
1ページの真ん中に大きく、
「これだけは、本当のことだ」
と、大きくしっかりとした字で書いてありました・・・。なにが言いたかったんだ、自分。
でも、今見ているのって全部本当なんでしょうねぇ、当たり前だけど。
だから、ま、がんばってくださいね(?)。あ、僕は割と余裕ですから、ええ。
[PR]
by swansong_day | 2005-05-26 23:38

五月病

今日はななこパンダ並に口あけてぼーとして過ごしました。
昼休み、新人同僚の皆さんがストレスのため
胃痛とか、頭痛とか、円形●毛とか、毎日大変だという事を知って驚く。
「ああ、五月は自殺数おおいもんねー」とワタクシのナイスフォローが、
彼らのネガティブサイドにヒットだったらしく、その後相手してもらえず。
ドンマイッ、五月病!でも無視はやめようね!ね!
あー、だってワタクシ幸せですからねぇ。
「ほら、あの人外資系の○△さんだよ」と言われただけなのに、
(骸死系!?わお、超ハード・・・)と、
頭抱えながら、薄ら笑い浮かべていた、斉藤さんくらい幸せなはず・・・多分、きっと。
やっと、レイブラッドベリの「火星年代記」を読み終えた。
ある意味今まで読んだあらゆる本の中で一番怖いと思った本でした。
まあ、SFなんですけどね、全然ホラーじゃないんですけどね。
火星はどこにあるのでしょうか?
d0011742_2343120.jpg

母ちゃんがはやく帰ってこいってさ!
[PR]
by swansong_day | 2005-05-23 23:05

夏?

昨日は昼食に父ととんかつを食べ、夜は大学の友人二人と
新宿で飲みました。お二人ともおかわりないようで何より?でした。
黒ビールうまかったっすね。ラーメンうまかったすね。
ああ、部屋が・・・暑い・・・、それだけです・・・。
[PR]
by swansong_day | 2005-05-22 03:10

雨の日に

「雨から逃げても、避けられないよ。それ、外の出来事じゃないから」
って、雨の新宿スターバックスにいた子供が言っていました。
ははー、仰るとおりです。まったくもって。
人間逃げられないものってありますよね、はい。雨どこにいても降ってますよね。
というかあなた何者ですか?小学生ですか?
というか、暗い、暗すぎるぞ、少年・・・。お兄さん心配です。
やあ、晴れたと思ったら、突然の激しい落雷にびっくりしたよね。
渋谷では人に雷落ちたらしい。
ええ、人間どうしても逃げられないものってありますよね、はい。
今日は親と犬へのプレゼント探しで、新宿デパートめぐりしました。またカード使いました。
というか、なんていい息子なんでしょうね、ええ。素敵ですよね。
ネクタイ、アイスワインとグラスセット、こうきゅーエサ詰めあわせ・・・。
まあ、結構高くついたけど、これが何倍にも高く返ってくることを目論ん・・・、
いやいや、心からの親孝行、犬孝行ですよ、へへ。
気がつけば5月も中旬ですね、5月はすげえいろいろあった会った気がするけど、
なんも覚えていません。堂本兄弟、今日はカエラさんいません。アンガールズ最高です。
酔ってるせいかなにやられも笑っちゃいます。思いつきでやった腕立てで具合悪くなりました。
あれ、五月なんかあったような・・・ああ・・・。
d0011742_23461265.jpg

↑そろそろとらばーゆしませんか?
[PR]
by swansong_day | 2005-05-15 23:49

吐血!!!

今日血を少々はきました。
ウソです。なんとなくウソついてみました。
だれか、僕と、一日中毛糸の先を5本指に絡めて、それをはずして、
また絡めて・・・をなぜか繰り返している同僚を救ってください。
あと、セキュリティで管理された部屋に入るためには
IDカードをかざすのですが、なぜかSuicaを何度もかざしていた自分は
アホでしょうか?知らないおばさんにすげえ笑われました。
どんな集団の中でも常識派だと自負しているのですが・・・。
家のお犬様の散歩を時々やってくれる近所に住む叔母さんが、
うちの犬と散歩中、カラスに襲われている子猫を助け拾ってきたとのこと。
家の犬もなかなか役に立つものだ。
しかも人見知り、犬見知り、車見知りのあの犬が
その猫にはしっぽを振って興味シンシンとのこと。
ああ、心配だ、いつかかわいい猫を食ってしまおうと考えているのでは・・・。
ちなみにその猫名前は今のところ「名無し」さんだそうです。そんな叔母なのです。
いえ、私は常識派です。
d0011742_23592013.jpg

↑今の部屋
[PR]
by swansong_day | 2005-05-11 23:59

スコット様

さようならGW。
毎日カフェに行って本を読むことしかしませんでしたが、休めた休めた。
今日はスコット・フィッツジェラルドと
その妻ゼルダの半生について書かれたものを
読みました。若く成功を収めた美男美女の華麗で、
だけど出口のないまさに‘パーティー’の日々を2時間くらい追いかけてみました。
文章は実に客観的に徹していて無駄がなく
すんなりとあの黄金時代にはいっていけました。
しっかし、毎日のようにパーティー、パーティー、飲酒、飲酒、、それゆえの奇行。
おかげで彼らの生活に倣って昼間からウイスキーを3杯も飲んでしまった(影響されやすい)。
しかし、実にシャイで、寡黙な自分としてはそんな生活できそうにもない。いつか発狂してしまいそうだ。実際美しい二人は宙に浮かび上がった後、時代の夢を残して破裂してしまった。
ある時期二人はその時代で最も輝いていた。誰もが二人に注目した。
それでも、他人にはその人の細部や裏側まで判るはずがない、決して。
だけど、二人はどこかでその影に積み重なっていた煤をさらけ出すべきではなかったか?
混沌でできた風船の線を断ち切って、地に足をつけるべきではなかったか?
そんな今更意味のない事を考えながらふらふらした足で下北を歩き回りました。
(その後、焼酎一杯追加した)
あ、オレの足が空を浮かんでるぅー、と思いましたね、ええ。
まあ、しかし、後でなんて書かれようと、なんと評価されようと結局はその人達の
人生であって、実際の評価くだせるのは当人たちだけなんでしょうけどね。
ただもう死んだ人について好き勝手なこと言えるのは生きているやつの特権でもありますよね。
ま、死ぬなよな、特に家の犬。投資が無駄になるからさ。
ところでスコットはあのヘミングウェイが気に入っていたらしい。なんとなく分かる気がする。
d0011742_146121.jpg

↑家のお犬さま(牛柄犬)。
[PR]
by swansong_day | 2005-05-09 01:46

眠い

今日一日仕事をしたらすぐお休みに。なんていい週なんだ黄金週間!
見直したぜ。以上。
[PR]
by swansong_day | 2005-05-06 22:25

はばら

えーと、今日は勉強も兼ねて秋葉原に行ってきました。
あんまり、行きたくなかったんだけどね・・・。
いや、ほんとは行ったら行ったらで、すっげえ楽しかったんですけどね。
うじゃうじゃいましたよ、職務質問したくなるような奴らが!
「え、ねえ、それなに?え、なに買おうとしてるの?え、あんたなにしてるんだよ!!」
と、飛びつきたくなるほどの意味不明な、不思議なもの、店が裏通りにはたくさんです。
カプセルが全部真っ黒に塗りつぶされたガシャガシャとか、コスプレ姉ちゃんのストリートライブとか、路上でのガラクタ交換会とか、ここでしか見れない風景がたくさんです。
みんな、笑顔です。その様を撮り続ける僕もまた笑顔です。
もう、百鬼夜行ですな。
あ、勉強忘れてた・・・。あー、ほんとは畠山美由紀さんのライブ行きたかったのにな・・・。
[PR]
by swansong_day | 2005-05-04 23:47