麦の思い出

福岡は博多に行って参りました。
旅行に行こうと思って、場所が決められずにいたのだけれど、
直前にもかかわらず格安にチケットがとれたのでいざ!九州の大都市に!

まー、いつでもそうなのですが、大抵どこに行っても観光せずにただ散歩したり、
読書したり、夜はBarで周りの話を聴いたり、別に旅行先でやらなくてもいいじゃんということばかりなので、
今回も特に・・・別に・・・大したことは・・・しておりませんで・・・。
食って、寝て、飲んでー、引っこ抜かれてー、集まってー、飛ばされてー。

あ、でも一日目、ちょうど練馬「ちょっとしたカフェ」のI間さんが、
いちご農家さんもビニールハウスでカフェをされるとのことですので、
そちらにおじゃましましたー。いちご狩りさせてもらいましたー。
結構博多から離れたところにその農園はありまして、
もぎたてのいちご(味濃かった!)を頬張り、周りの農園風景をずっと眺めていました。まさに贅沢。

4時間くらい無数の稲穂が風に揺られ、「さわさわ」と言うのをただ眺めていました。
この「さわさわ」っていう音がいいんですよー!飽きずにただ眺めていました。
いちごや、稲穂に囲まれ、穏やかな風に吹かれ、遊びまわる子供達や、稲穂の声を聞く・・・。
こういうの、いいなぁ。都会派ニートの俺にはいい癒しだ・・・、日本の原風景だべな・・・ふっ。

・・・が、4時間後都会派の僕はある事実に気づく・・・。
・・・ずっと稲穂だと思っていた、4時間も僕と話をしていたその愛しい植物は、
よく見れば米のそれとは形が違うような・・・。
あれ???

「すいませーん、これお米ですよね?」僕
「えーー!!??小麦ですけど・・・?」農園の方
「えっ」僕

あーーーー。小麦ね、はいはい、ありえる、ありえる。
そうだね、よく見れば小麦だね、パンとか、麺とか、ビールとかになるあれね。
ふーん、あれ、お前の目は節穴か、っていうのはこういうことなのでしょうか。
私生まれも育ちも青森という畑ばかりの純田舎で育ちましたがまったくもって気づきませんでした。
私の癒しの4時間は・・・一体・・・。
でも、さすがラーメン王国博多だけあって、ラーメン用の小麦「ラー麦」という品種の麦もあるらしい。すごいですなー。

そんな博多の思い出・・・。
来週はまたべつのどこかに行こうかなー。

d0011742_14313022.jpg

          「上のやつを稲穂だと思っていました」
[PR]
by swansong_day | 2013-05-05 14:23


<< そろそろ働くか、どうか 私の人生 >>